農業科学科 会社組織の活動

起業で青春  農業科学科では、平成18年度から起業家教育の一環として、トマトの生産から加工・販売、商品開発等を行っています。 活動した生徒の感想文を読むとたくましく成長した様子が伺えます。


3年生の感想
 大玉トマトでゼリーを作るのは初めてだったため、加工が大変でした。加工部長としての指導が悪かったため、トマトのヘタをくり抜き過ぎてダメになったトマトを出してしまい、とても反省しています。そんな事もあり、無事に農家とコラボしたトマトゼリーが完成して農家に喜んでもらうことができて、よかったです。この1年間の活動で、指導力が身につき、その上、経営について勉強もできるので、とても良い経験ができました。
 僕は、経理部長をしました。主にゼリー製造委託のお金を集める交渉がメインの仕事でした。僕は、ずっと人前で話すことが苦手で最初は失敗ばかりでした。しかし、出資してくれる方が増えていくうちに、人前でも話すことができ自分に自信が持てるようになりました。その結果、多くの先生方や生徒に出資していただき、本当にやって良かったと思いました。
 活動を通じて感じたことは、新しい一歩を踏み出す勇気です。新しいことを始めるのは手間がかかるし、どうすればいいのかも分からずとても大変です。しかし、あきらめずに毎日、様々な手段を試して失敗を何度も何度も経験することで成功になるのです。それを3年間経験して頑張ることのすばらしさを知りました。
山陽新聞 岡山都市市民版 平成23年10月20日掲載 商標登録証
詳しい内容は農産流通専攻トップページへ
学科紹介のページへ戻る
高松農業高校TOPへージへ戻る