岡山県立高松農業高等学校・園芸科学科 3つのション(パッション、ミッション、アクション)

「2017農園芸の福祉力研修講座」・・・・生徒とともに学ぶ研修講座
 @ハーブ研修会活用編・・・・・・・・・・4月23日
 Aハーブ研修会物づくり編・・・・・・・・7月 8日

 B福祉的ガーデニング育成講座・・・8月20日

 C寒さ・霜に強い植物講座・・・・・・11月25日

 園芸セラピー専攻では、ハーブ苗、水耕マスクメロンやコマツナなどの園芸作物を栽培しながら農の福祉力活動に取り組んでいます。地域や福祉施設等で農の福祉力を活かし、地域社会における社会的役割を感じ取ることのできる人材育成に努めます。また、ハーブを活かした6次産業化教育知財教育にも取り組んでいます。
 学習活動を通じて、社会貢献に取り組んでいる専攻・部門とも言えます。
センター的役割で、日本一をめざして
マスコット・キャラクター『 芝人形 』
      作って楽しい!!
      見ても楽しい!!
      育てても楽しい!!
      失敗作皆無
商品化プロジェクト
【芝人形】
クリスマスバージョンキット
受注生産品
楽しかった園芸セラピー

作り方、育て方のホームページ
※園芸福祉モデルガーデン、NHK趣味の園芸テキスト2014年5月号に掲載。
※芝人形、掲載される!!

   
『食農教育』2009年3月号(農文協)、『学校園おもしろ栽培ハンドブック』2010年3月号(農文協)
※留意事項:上記の芝人形クリスマスバージョン版を含む芝人形の作り方等、活用される場合は、ご連絡ください。
    園芸セラピー担当 : 三宅 道治 電話086−287−3711 FAX086−287−3713
※県外に派遣
  
芝人形の指導のため、鳥取県立智頭農林高等学校に生徒3名を派遣(平成28年8月4日)
※県北に派遣
  
芝人形の指導のため、岡山県立真庭高等学校に生徒を派遣(平成28年11月、12月)
高松農高・「農園芸の福祉力活動」の3つの分類
福祉施設での園芸交流 農業体験等の受け入れ 農園芸の福祉力分野
  のセンター的役割
ケアハウスゆうステイ岡山
(岡山シルバーセンター)



平成14年度〜
京山中学校との園芸交流
芝人形づくり体験イベント
東加茂町内会サロン

自閉症児との園芸交流(終了事業)芝人形で支援プロジェクト

平成15年度〜
園芸セラピーワークショップ(休止事業)
ハーブ研修会活用編
ハーブ研修会栽培編

福祉的ガーデニング力育成講座
寒さ霜に強い植物講座・実習
農園芸の福祉力講演会(休止事業)
平成16年度〜

(園芸セラピー専攻で学べる!ガーデニング教室。)
【 園芸セラピー・園芸福祉活動記録 】
園芸セラピー実践活動
(平成14年度〜16年度)
園芸福祉実践活動
(平成17年度〜)
主なプロジェクト活動  「6次産業化」「モノづくり」を学ぶ。 「made in 高農(純国産)」  
平成29年度ハーブ商品「ギフトセット」(助成金が通れば実施予定)
平成28年度新商品開発プロジェクト「ブレンドハーブティーのパッケージ全面更新」
       「ドリップバッグ式ブレンドハーブティー」の商品開発
平成28年度新商品開発プロジェクト「ハッカ風味の紅茶(すっきりするっ茶No.2)」made by 高農
平成27年度新商品開発プロジェクト「
ハッカ風味の紅茶(すっきりするっ茶No.1)」made by 高農
平成26年度
新芝人形プロジェクト「校内で芝人形」
平成26年度
化学合成農薬不使用栽培プロジェクトのスタート
平成26年度
芝人形手づくりキット・クリスマスバージョンの商品化
平成26年度食卓用調味料・ハーブソルトの販売
平成25年度食卓用調味料・ハーブソルト(新商品開発)
平成25年度
日本ハッカ復活プロジェクト(ブレンドティーに活用)
平成24年度ティーバッグ化(ブレンドティー)
平成24年度芝人形手づくりキットセット
平成24年度ライン花壇(高農花小道)のリニューアル

平成23年度新パッケージによる新登場  商標登録出願  販売開始 新聞記事
平成23年度新ハーブ花壇
平成22年度ドライハーブティーの生産と販売(電気乾燥機の活用開始)
平成21年度ドライハーブティーの生産開始(レモングラス、レモンバーベナ)、ハーブオイル、香り袋
商標登録『かおるん葉』
(ティーバッグに進化)
レモンバーベナ
 パリパリと音がする。香りの強さ。
お湯に戻した「レモンバーベナ」と
「レモングラス」
園芸作物の生産・販売
水耕マスクメロンを学ぶ  
(水耕温室に定植) 自分のマスクメロン(3年生) 箱入りのメロン
・園芸セラピー専攻の中心作物 : マスクメロン
 繊細な管理を要求されることから3年生の専攻生が中心になり栽培学習に取り組んでいます。平成19年度からは全面的に水耕栽培にしました。平成21年度春夏作は生育も良くそろい、またネットの綺麗なメロンができました。
 平成22年度 糖度を上げる方法としての水切り法の改善
その他の野菜栽培
 メロンの後作:
   水耕葉菜類の栽培
果菜類 根菜類・サツマイモの収穫
栽培している野菜・ハーブ類
・葉菜類

 ホウレンソウ、ブロッコリー、サニーレタス、ネギ
  レモングラス、レモンバーベナなど(年度により変化する)

・果菜類
 マスクメロン(アールスナイト夏系2号)、フルティカ(中玉トマト)
・根菜類
 サツマイモ
平成20年度からの
販売上の工夫・改善

販路開拓
食工房ぶどうの木舎
マルイ大福店

ピュアリティまきび
わたなべ生鮮館高松店
癒やしの「ハーブ類」、花苗も学ぶ
・マルイ大福店に出荷
ハーブ出荷準備 ハーブ説明書の掲示 ハーブ類の販売状況
・ハーブ・花苗・野菜苗の学習
西ほ場に、ハーブ畑
(ハーブの植え付け)
ハーブ苗の生産
(H18年度末に製作したベンチ)
モデルガーデン
(管理作業)
・栽培・販売したハーブ・花苗
・ハーブ類
 ローマンカモマイル、ジャーマンカモマイル、ペパーミント、アップルミント、ブルーキャットミント、ゴールデンレモンタイム、シルバータイム、クリーピングタイム、ロンギカウリスタイム、コモンタイム、スイートバジル、ブッシュバジル、シナモンバジル、レモンバジル、ダークオパールバジル、ヒソップ、コモンセージ、オレガノ、スイートマジョラム、ステビア、レモングラス、チャイブ、レモンバーベナ、アーティチョーク、レモンバーム、ディル、チャービル、フェンネル、イタリアンパセリ、マロウ、ルバーブ、赤シソ、青シソ、パセリ、ラムズイヤー、ワイルドストロベリー、スイスチャード、ポットマリーゴールド、サラダバーネット、ボリジ、セントジョーンズワートなど
・花壇苗
 マリーゴールド5種類、ビオラ7種類、レジナ、ニチニチソウ、キンギョソウ、ジニア・プロフュージョン、ジニア・リネアリス、コリウス、シロタエギク、センニチコウ、桃色タンポポ、サルビア・リトルタンゴ、サルビア・ファリナセア、ラグラス、ヒメツルソバ、グレコマ、ヘデラ、キバナコスモス、オジギソウなど
                                        
その他の実習
シソジュース(H19〜)、
ハーブクッキー(H20・21)
ハーブオイルー(H21)
ドライハーブ(H21〜)
創立百周年記念館の掃除等 芝人形、ハリネズミ、
フラワーアレンジメント
トールペイント園芸鉢などの
園芸クラフト実習
 花苗用の栽培ベンチづくり、電気温床づくり、シソジュースづくり、除草、ビニールポット水洗いや園芸福祉関係では、1年生全員に芝人形づくり、百周年記念館の清掃や会場準備練習もあります。
花壇造り・園芸装飾を学ぶ
   農場の公園化構想(教育環境の整備)による実践力の育成
     花壇は、ハーブティー原材料の生産ほ場を兼ねる
ハーブ花壇の制作中
「2号温室東」
(H21生徒作品)
ライン花壇(高農花小道)
リニューアルH24生徒作品
芝刈り回数の少ない
『芝(TM9)』の
張り付け(京山中学校
との園芸交流にて)
ライン花壇の制作
(H19生徒作品)
ライン花壇の定植(冬花壇)
花がら摘み等の実践も行う。
用水北花壇の植栽(H22〜)
情報発信力・発表力を身につける(3年生、2年生、1年生有志に指導)
生徒によるホームページ作成
ケアハウス
2年生もH科研究発表会で発表
(スライド作成中)
園芸セラピーワークショップin高農
での発表や司会進行など
レポート作成で文章力を高める。
 園芸セラピー専攻生は、行事等のレポートを作成、提出します(成績に反映)。

コンセプト
 生徒とともに、地域に貢献
キーワード(重要な手掛かりとなる言葉 )
 @ 農園芸の福祉力 A 園芸セラピー・園芸福祉 B 五感 C 教えて学ぶ D 社会貢献 E 自己肯定感
 F コミュニケーション能力・対人対応能力 G 企画運営力 H コラボレーション I 野菜 J ハーブ 
 K 花苗 L 芝人形 M 商品開発 N在来作物(日本はっか)
園芸セラピー専攻の商品等の開発研究の歩み
 @芝人形(H15〜)
   岡山県内だけでなく、確認できているだけでも、北は青森、南は宮崎まで全国的に広まっている。
 Aスプラウト栽培キット(H18)
 Bミックスミニトマト(H19〜21)
   色合い、形が楽しめる小桃、アイコ、オレンジチャームの3種類混合販売
   ミックスミニトマトというネーミングで販売。
 C芝人形クリスマスバージョン版(H20〜)
   冬期の園芸クラフトとして、クリスマスを意識してサンタクロースの芝人形を制作
     (H20年9月、2年専攻生に制作を依頼)
 Dハーブクッキー(H20〜21) 
   京山中学校との園芸交流のお茶会用に試作。
   秋のふれあい市で試食・アンケート調査、それをもとに高農祭で試験販売。
 Eハーブオイル、香り袋、ドライハーブの商品開発(H21〜)・・・文化祭で販売
    ハーブティーのみH22年度以降も継続
 F電気乾燥機導入によるドライハーブの商品化(H22〜)
   平成22年度・・・ドライハーブに絞って商品化の研究
   平成23年度・・・新パッケージによる新商品開発プロジェクト『かおるん葉(商標登録)』
 Gドライハーブティー(ブレンドティー)のテトラ型ティーバッグ化(H24〜)
 H芝人形手づくりキットセット(H24〜)
   6月9日園芸福祉シンポジウムin広島でパッケージのみ展示。大好評であった。
 I芝人形手づくりキットの廉価版、超廉価版(H25〜)
   汁椀、木工ボンド、レンゲを入れないキット
 J日本はっか入りブレンドティー(ティーバッグ)の商品化(H25〜)
   西洋ミントから岡山の在来作物・日本はっかに変更
 K食卓用調味料・ハーブソルトの商品開発(H25〜26)
   2年生を中心にした2年計画のプロジェクト
 L芝人形手づくりキット・クリスマスバージョン(H26〜) 
 Mハッカ風味の紅茶すっきりするっ茶」(H27〜)
 Nハッカ風味の紅茶すっきりするっ茶No.2」(H28〜)
 Oブレンドハーブティー新パッケージ商品「チャック付きスタンド袋(H28〜)」
 Pブレンドハーブティー「ドリップ式ハーブティー」(H28〜)」


※ハーブを活用した6次産業化への模索
 ・シソジュースの販売が出来ないか検討したが、ジュース類の販売許可は極めて厳しいことが判明。
 ・ハーブティー、ハーブソルトは、基本的には乾燥野菜であり、
 製造は問題ないことが分かった。(H20年度、岡山市保健所に相談)

平成28年度園芸セラピー専攻の取組
 
@
新商品開発 ハッカ風味の紅茶(研究助成)
   
 
有限会社寿園梶岡製茶工場とのコラボ
 A新商品開発「ドリップ式」ハーブティー(2年生)
  Bブレンドハーブティーのパッケージ全面更新(2年生)
  C
化学合成農薬不使用栽培プロジェクト

   週2回デンプン液剤散布 
3年生4名
 D日本はっかの撤去と再移植
 E国際ソロプチミスト岡山・愛の基金(活動助成
 F農園芸の福祉力研修講座
   ・福祉的ガーデニング力育成講座
   ・寒さ・霜に強い植物講座
  
・ハーブ研修会活用編
   ・ハーブ研修会苗物栽培編

 Gケアハウスでの園芸交流3回
  H京山中学校特別支援学級との園芸交流
5回

 I高齢者福祉施設での芝人形講座
   ・いきがいライフたかまつ
   ・高松アクティブホーム・デイサービスセンター

  J県内外の農業高校への支援
   ・鳥取県立智頭農林登校学校(講話、芝人形)
   ・岡山県立真庭高等学校久世校地
(サンタ芝人形)
 
K
レモングラスの越冬栽培「籾殻、パオパオ」
 
L校外での販売活動
  
むかし下津井回船問屋
  
・旧堀和平邸

平成27年度園芸セラピー専攻の取組
 @新商品開発 ハッカ風味の紅茶(研究助成
   
 株式会社アーリーモーニング紅茶農園とのコラボ
 A化学合成農薬不使用栽培プロジェクト再スタート
   
週2回デンプン液剤散布 
2年生4名
 
B日本はっかの新根株による栽培・乾燥
 
C国際ソロプチミスト岡山・愛の基金(活動助成
 D農園芸の福祉力研修講座
   ・福祉的ガーデニング力育成講座
   ・寒さ・霜に強い植物講座
   ・園芸セラピーワークショップ
  
・ハーブ研修会活用編
   ・ハーブ研修会苗物栽培編
   ・農園芸の福祉力講演会

 Eケアハウス、京山中学校との園芸交流
 F老健施設アクティブホーム・デイサービスでの芝人形講座

  G1年専攻生によるブレンドハーブティーのパッケージ全面更新プロジェクト開始

平成26年度園芸セラピー専攻の取組
 @ナンバホームセンター備中高松店で特別販売日
    
サンタさん芝人形キット、ブレンドハーブティーの販売
 
Aサンタさん芝人形手づくりキットの商品化(研究助成
 
B化学合成農薬不使用栽培プロジェクト再スタート
   
平日朝・夕の病害虫調査、週1回デンプン液剤散布
 
C日本はっかの新根株の増殖と定植(森雄二氏より)
   
探し求めている「秀美」という品種ではないかと言われている。
 
D国際ソロプチミスト岡山・愛の基金
 
E全国ガーデンニングコンテストで「入選」
   『園芸福祉モデルガーデン』

 
F農園芸の福祉力研修講座
   ・福祉的ガーデニング力育成講座、寒さ・霜に強い植物講座
    実習経費の一部有販売料化
   ・園芸セラピーワークショップ
   ・ハーブ研修会活用編
   ・ハーブ研修会苗物栽培編
   ・農園芸の福祉力講演会

 
G芝人形で支援プロジェクト年2回
 Hケアハウス、京山中学校との園芸交流

 
INHK趣味の園芸テキスト2014年5月号に掲載
   園芸福祉モデルガーデン「元気をくれる庭」

 
Jハーブソルト2年目、販売活動に取り組む。
 
K日本はっか紅茶ブレンドティー商品化スタート(平成27年度分)

平成25年度園芸セラピー専攻の取組
 @ 岡山県産業教育フェアで、1年生が芝人形づくり
 A 芝人形手づくりキット廉価版、超廉価版
 B 岡山のお宝在来作物:日本はっか(和種薄荷)の生産開始
    社会福祉法人王慈福祉会よりいただく。
 C 日本はっか入りブレンドハーブティーに更新
 D 年2回、芝人形で芝人形で支援プロジェクト(春休み、夏休み)
 E NHK趣味の園芸 玉さん庭をゆく
    園芸福祉モデルガーデン 2月5日取材、3月9日放送
 F 国際ソロプチミスト岡山 愛の基金
 G 農園芸の福祉力研修講座
  ・ハーブ研修会活用編
  ・園芸セラピーワークショップ
  ・ハーブ研修会栽培編
  ・福祉的ガーデニング力育成講座
  ・寒さ・霜に強い植物講座
  ・農園芸の福祉力講演会
 H 食卓用調味料・ハーブソルト(4種類)製造研究助成
 I 全国ガーデニングコンテストに応募(応募結果:入選)
   (ライン花壇、ハーブ花壇、新ハーブ花壇)
 J 高校生新聞社賞受賞
(3H園芸セラピー専攻)
 Kケアハウス、京山中学校との園芸交流

平成24年度園芸セラピー専攻の取組
 @ よりくわしく学ぶ「芝人形専門講座」の実施
 A 11月10・11日全国産業教育フェア岡山大会、芝人形体験コーナー
    チーム力で運営・おもてなし
見(魅)せる
感じる芝人形体験講座となった。
 B 芝人形手づくりキット製造・販売・・・芝人形10年、さんフェアの記念商品
    200箱限定生産、1箱800円、全国発送420円
 C ドライハーブティーのティーバッグ販売・・・工夫改善
    高農ドライハーブティー『かおるん葉』・第2弾の商品化
 D 6月9日 第11回園芸福祉シンポジウムin広島・ポスターセッションで発表
    ひろしまね園芸福祉協会からの招待。大好評であった。
 E 6月1・2日 福島県双葉町避難所での支援活動(花壇づくり、芝人形体験講座(動画)
 )
    関連して、岡山県の「福島県の子どもたち元気回復事業(親子保養プラン)」で芝人形
 Fライン花壇のリニューアル(3H課題研究、水耕1号温室西)
 Gハーブ研修会活用編、栽培編の開催
 H園芸セラピーワークショップでプロジェクト発表、並びに芝人形発表
 I国際ソロプチミスト岡山「愛の基金(活動助成)」
 J毎日農業記録賞・全国優秀賞(3H淺野仁実)
 KNPO法人日本園芸福祉普及協会表彰(3H淺野・尾上・中村・甲野・平田・光畑)

    1年の時から3年間、発表活動や準備活動等に取り組んだ!
 L多くの協力・支援機関・事業所に支えられました。
    ぷくぷく福祉会リターン工房、ベーシックプロダクト、第一紙工、田頭茶店、
    福山通運、食工房ぶどうの木舎

平成23年度園芸セラピー専攻の取組
 @ドライハーブティー 新パッケージによる新商品開発(3H課題研究)
    3年連続・校内プロジェクト発表会での発表をめざして
    
商品名「かおるん葉」商標登録(平成24年2月17日)、芝人形のイラスト付き
 A新ハーブ花壇づくり(3H課題研究、3号温室西)
 Bハーブ研修会の開催
 C園芸セラピーワークショップでプロジェクト発表、並びに芝人形発表
 D東加茂町内会高齢者サロン「芝人形」
 E国際ソロプチミスト岡山「愛の基金(活動助成)」
 F第14回全国ガーデニングコンテストに応募
(応募結果:入選)
   (平成22年度園芸福祉モデルガーデン)

 G中玉トマトフルティカ、普通トマト桃太郎ファイトの生産
 H農業意見発表県大会・中国ブロック大会で最優秀賞「3H水田有美」
 I芝人形商品化プロジェクトの模索
 J国際ソロプチミストアメリカ日本西リジョン「フォーカスグループ ディスカッション」に参加
   3H岡本彩奈・水田有美
 K校内プロジェクト発表会の、H科代表(ハーブ商品化プロジェクト)
 L高校生新聞社賞(3H岡本)
 MNPO法人日本園芸福祉普及協会表彰(3H岡本)
 N多くの協力・支援機関・事業所に支えられました。
    ベーシックプロダクト、森特許事務所、食工房ぶどうの木舎


平成22年度園芸セラピー専攻の取組
 @電気乾燥機によるドライハーブの研究プロジェクトと販売対応

 
A国際ソロプチミスト連盟プロジェクト
   
「ヴァイオレット・リチャードソン賞 受賞」
 Bプロジェクト県大会で「優秀賞」受賞
 C
国際ソロプチミスト岡山「愛の基金(活動助成)」

 D用水北花壇への植栽(レモングラス栽培含む)

 E芝人形の指導に県外へ「9月11日(土)広島県呉市(招待)
    NPO法人緑の風景主催行事 2年生3名参加」
 F全国ボランティアフェスティバルひろしま「分科会」で研究発表(招待)
    9月26日、3年7名の生徒が参加
 G第13回全国ガーデニングコンテストへの応募
(応募結果:入選)
   (平成21年度 ライン花壇、ハーブ花壇)

 Hケアハウスでの園芸交流で、初のフラワーアレンジメント
 Iプロジェクト県大会で、学校代表して発表「
優秀賞受賞
 JNPO法人日本園芸福祉普及協会表彰(3H枝光・山下

 
平成21年度 主な新しい取組
 @京山中学校との園芸交流で、芝「TM9」の張り付け
    西ほ場での休憩スペース、緑化・雑草防止
 Aハーブ花壇の新設(2号温室東犬走り部分)
 Bハーブ利用学習(ハーブソルト、ハーブオイル)
 C園芸福祉セミナーin 高農等での生徒による司会進行等
 D栽培ベンチの半自動かん水装置の使用開始
 E平成21年3月オープンの全国都市緑化フェアへの対応

   
園芸福祉花壇、芝人形展示写真パネル展示
 F3号温室の改築への対応
(平成22年1月末完成)
    
温室周囲のバラス撤去、温室内の培養土の移動・搬入等
 
G校内プロジェクト発表会でH科を代表して発表
 
H高校生新聞社賞受賞(3H佐野)
 
INPO法人日本園芸福祉普及協会表彰(3H佐野・平井・工藤)

平成20年度 主な新しい取組
 @秋から、水耕葉菜栽培(ミズナ、コマツナ、ルッコラ)の開始
    秋から冬にかけての水耕施設の有効活用、収入面の確保対策
 Aハーブ利用学習の開始(高農ハーブクッキー等)
 B2年園芸福祉専攻の活動強化
    園芸福祉ワークショップ、バラ園、ふれあい市、高農祭での芝人形体験イベント。
    ケアハウス、自閉症児との園芸交流への対応
 C栽培ベンチの半自動かん水装置の設置
 Dハーブ類の販売先開拓と販売促進(マルイ大福店、農マル園芸吉備路農園)
 E平成21年3月オープンの全国都市緑化フェアへの対応
    芝人形体験イベント、園芸福祉花壇用苗物の生産と植栽・管理指導
 F2年園芸福祉専攻生の活動報告
    実践事例発表会およびH科学習発表会での発表2題(自閉症、ケアハウス)
    生徒によるホームページ作成(自閉症、ケアハウス)
    生徒による活動報告作成(自閉症、ケアハウス、養成講座)

平成19年度 主な新しい取組と受賞
 @栽培ベンチの製作と、マリーゴールド、ビオラの栽培
 Aハーブ類の販売
 B8月養成講座用花苗の生産(花壇用含む)
 Cマスクメロンの専用箱の作成(1玉用、2玉用)
 Dマスクメロンのラベル作成
 E2棟での緑のカーテン・アサガオ等の栽培
 F1号温室西にライン花壇設置
 G園芸福祉活動普及団体賞受賞(NPO法人日本園芸福祉普及協会6月23日)
平成28年度研究助成
 アクティブ・ラーニングの視点を活かしたハーブ商品開発
  〜 農業クラブ・専門分会の取組 〜
     (岡山県産業教育振興会)


平成27年度研究助成

 岡山の在来作物「日本はっか」を活かした6次産業化
  〜 紅茶農園・アーリーモーニングとのコラボ 〜

   (岡山県産業教育振興会)


平成26年度研究助成
 園芸福祉活動で活躍する園芸クラフトの商品開発
  
〜芝人形手づくりキット クリスマスバージョン〜
   (岡山経済同友会)


平成25年度研究助成
 
 ハーブの6次産業化〜新商品開発〜
   (岡山経済同友会)


平成24年度研究助成

 
園芸福祉分野のセンター的役割と人材育成
   (岡山県産業教育振興会)


平成21・22年度
 NPO法人で研究助成

平成20年度研究助成

 
福祉施設等に対する園芸福祉活動の関する意向調査(第二次)
    
対象施設:特別養護老人ホーム
   
助成組織NPO法人岡山園芸福祉普及協会

平成19年度研究助成

 福祉施設等に対する園芸福祉活動の関する意向調査(第一次)
     対象施設:ケアハウス、デイサービスセンター
     助成組織:(財)産業教育振興中央会特別研究助成

 ※H18年度までの研究助成は省略。
写真等の無断使用・編集等を禁止します。