中国学園大学との高大連携学習!!

8月7日と8月8日に、高大連携学習として食品科学科2年生が、中国学園大学で実習をしました。

高大連携学習とは、高校生が大学を訪問し、講義や実習を受けて専門的な学習をさらに深めていく取り組みです。

 

 

 

 

 

 

 

 

8月7日の学習内容をお伝えします。午前は「栄養アセスメントの実際」というテーマです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

栄養アセスメントとは栄養状態を評価することで、実際に身体計測を行いました。ヘモグロビン量を、指に光を当てて計測します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

足に超音波を当てることにより、骨密度を計測します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

身体に微弱な電流を流すことで、体脂肪率を計測します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

午後は「食品の色素―酸と塩基―」というテーマの実習をしました。食品の色が変化する現象を学びました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

塩酸や水酸化ナトリウムなどの試薬を用意します。pHを調べるためにメチルレッドやフェノールフタレインなども使用します

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポイトを使い、水酸化ナトリウムを滴下しているところです。pHを調べていきます。

高大連携学習は、生徒が高度な専門教育を大学の先生方から直接学ぶことができます。高校では学べない、貴重な機会となっています。

オープンスクールのマドレーヌ製造!!

8月1日は、中学2年生を対象にオープンスクールを開催しました。その中で、食品科学科のマドレーヌ製造について、お伝えします。

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、食品科学科3年生が中学生の皆さんと一緒に、実習を行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マーガリンを鍋で溶かしたり、卵を溶きほぐしたりします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生地ができたら、マドレーヌ型にスプーンで生地を流し入れます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

型に流した生地を天板に並べます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オーブンに入れます。8分程200℃で焼き、表面が膨らんだら7分程170℃で焼きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

焼き上がりました。できたマドレーヌは一つ一つ袋に入れて、中学生の皆さんのお土産にしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中学2年生の皆さん、マドレーヌ製造はいかがでしたか?食品科学科を知って頂く機会になれば嬉しいです。

第二回目の米粉ケーキの講習会!!

食品科学科では、専門学習の一環で、社会人講師の先生による講習会を数多く設けています。
本年度、第二回目となる米粉ケーキ製造の講習会を、7月14日に開催しました。

 

 

 

 

 

 

 

講師の先生をお迎えして、生徒は各班に分かれて、米粉のシフォンケーキを製造します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

卵黄を泡立て器で混ぜます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

卵白をホイッパーで混ぜます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、すりおろしたニンジンを生地に混ぜた「米粉のキャロットシフォンケーキ」を作ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生地にニンジンを混ぜました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生地を型に流しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

180℃のオーブンで約20分焼きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

焼き上がりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

焼き上がったら、品質を均一にするため、逆さにして瓶の先に指して放冷します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

講習会は、生徒がプロの先生から、直接、食品製造の技術を学ぶ貴重な機会となっています。

米粉パン製造の講習会!!

食品科学科では、専門学習の一環で、社会人講師の先生による講習会を数多く設けています。
7月7日に米粉パン製造の講習会を、食品科学科3年生を対象に開催しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

生徒は各班に分かれて、講師の先生と一緒に、米粉の焼きカレーパンを製造しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先生のご指導の下、パン生地をこねます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生地を分割して、麺棒で平たく伸ばします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

伸ばした生地にカレーの具を入れます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カレーの具をしっかり生地で包みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天板に乗せます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食品科学科1年生が栽培した夏野菜を、トッピングします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オーブンで焼きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

200℃のオーブンで10分間焼いていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

焼き上がりました。個性豊かな米粉の焼きカレーパンができました。

講習会は、生徒がプロの先生から、直接、食品製造の技術を学ぶ貴重な機会となっています。

ビスケットの製造実習!!

今回は、ビスケットの製造について紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

食品科学科の2年生が取り組みました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミキサーで混ぜて、手で丸めたビスケットの生地です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

麺棒と割り箸を使って、生地を均等に伸ばします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生地を型抜きします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

型抜きした生地を天板に並べます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

180℃のオーブンで10分間焼き上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

焼き上がりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シートを敷いたテーブルの上で、しっかり放冷します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラベルを貼り、乾燥剤と一緒にビスケットを袋に詰めます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は、114袋の製品ができました。
放課後、校内で販売しました。

F科の課題研究!!

食品科学科(略してF科)の3年生は、「課題研究」の授業で食品の新規開発等を行っています。

今回は「課題研究」の製麺の分野についてお伝えします。

 

 

 

 

 

 

 

 

3年生は、製造する品目を一つ決めて、各自責任を持って実習していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天日干しをした梅干しを練り込んだうどんの試作です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

打ち粉をしながら、切りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホウレンソウを練り込んだうどんの試作です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

打ち粉をしながら、麺棒で生地を平らにしていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しっかり茹でて、つゆにつけて試食します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

讃岐うどんのように生地を足踏みして、中華麺を試作します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

足踏みしたことで、中華麺の生地は広がり、弾力が付きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パスタマシーンを利用して、中華麺を作ります。
3年生は今年一杯、試行錯誤しながら、テーマに沿って食品の製造等に取り組みます。

米粉ケーキ製造の講習会!!

食品科学科では、専門学習の一環で、社会人講師の先生による講習会を数多く設けています。

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、6月5日に開催した米粉ケーキ製造の講習会を紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

講師の先生に実演をしていただきました。先生のお手本を参考に、各班に分かれて、レシピにそって米粉ケーキを製造します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

卵白を泡立て器で混ぜて、メレンゲを作ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生地を型に流します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

180℃のオーブンで20分間焼いていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

焼き上がりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

焼き上がったら、米粉ケーキの品質を均一にするため、逆さにして瓶の先にさして放冷します。
美味しい米粉ケーキができました。
講習会は、生徒がプロの先生から、直接、食品製造の技術を学ぶ貴重な機会となっています。

 

 

 

エフカ・ド・カフェの地域開放!!

「エフカ・ド・カフェ」は、食品科学科の生徒が有志で活動しています。
第二回目の「エフカ・ド・カフェ」を6月2日に開店しました。今回は地域への開放も行いました。
開店直前の店内での準備についてお伝えします。

 

 

 

 

 

 

 

 

地域の皆さんへPRするために、生徒手作りの広告を、地域の各店舗に置かせていただきました。ご協力ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第二回目の「エフカ・ド・カフェ」は、イチゴをトッピングした新商品を販売しました。新鮮なイチゴも準備しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

開店20分前。ケーキや飲み物などを並べて準備完了。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イチゴをきれいに水洗いして、下準備もしました。奥にはトッピングのための生クリームがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

開店10分前。最後まで打ち合わせが欠かせません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ついに、開店しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、地域の皆さんも含めて約200名が来店されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新商品として「ストロベリー・ジェノワーズ」を披露しました。生クリームをたっぷりとデコレーションし、イチゴをトッピングしたケーキです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

畜産科学科の課題研究の一環で、店内でアイスクリームを販売しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地域の皆さん、ご来店くださり、誠にありがとうございました。次回の開店に向けて、再び頑張ります。

 

食品科学科での野菜作り!!

食品科学科では、一年生の「農業と環境」の授業で、作物の栽培について学習します。その目的は、食品製造の原材料となる、農産物の生産過程を知るためです。

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、トマトの支柱立てと誘引・芽かきを行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

支柱を立てている場所にトマトがあります。その他にトウモロコシ、ナス、ピーマンも栽培しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トマトの茎にビニールひもを結んで、支柱に固定します。これを「誘引」といいます。また、不要なえき芽を取り除いていきます。これを「芽かき」といいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一人一株ずつ、責任を持って作業しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初めての芽かきは難しい作業でした。先生に頻繁に質問しながら、真剣に取り組みました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう実を着けているトマトもありました。7月には、収穫ができる予定です。