学校感染症について

  •  学校は児童生徒の集団生活の場であり、学校教育が円滑に実施され成果をあげるためには学校や保護者が心得ていなければならないことがたくさんあります。学校における感染症の予防もその一つであり、保護者の方にぜひ正しいご理解とご協力をお願いいたしたいと思います。

  •  校長は、児童・生徒が感染症にかかっていたり、かかっている疑いがあったり、又はかかるおそれがある時は、出席を停止させることができるようになっております。(学校保健安全法19条)

  •  学校において予防すべき感染症の種類は次のとおりです。

学校感染症の種類
第一種 エボラ出血熱、クリミア・コンゴ出血熱、痘そう、ペスト、急性灰白髄炎、マールブルグ病、 ジフテリア、ラッサ熱、南米出血熱、重症急性呼吸器症候群(病原体がSARSコロナウィルスであるものに限る)、鳥インフルエンザ(H5N1型)
第二種 インフルエンザ(鳥インフルエンザ(H5N1型)を除く)、百日咳、麻疹、流行性耳下腺炎、
風疹、水痘、咽頭結膜熱、結核、髄膜炎菌性髄膜炎
第三種 腸管出血性大腸菌感染症、流行性角膜炎、コレラ、細菌性赤痢、腸チフス、
パラチフス、急性出血性結膜炎、その他の伝染病

  •  出席停止の期間は感染症の種類に応じて、だいたい基準が定められていますが、病状には個人差もありますので合併症の起こらないように十分休養し、医師の診断に基づいて登校するように留意ください。

  • 感染症の感染を防止するために出席停止の期間中は、友達との接触はさけてください。

  • 出席停止になったときは治癒した段階で治癒を証明する証明書を担任に提出してください。

提出用紙
クリックするとPDFで表示されます。
A4判の用紙に印刷して、医師に記入してもらってください。
用紙は保健室にもおいてあります。
  

高松農業高校TOPへ