加茂小学生と交流活動

2018年6月15日

5月の活動に引き続き、本校にて交流活動を実施しました。

ミニトマトのこれからの育て方を説明したり、水耕ハウスでのトマト収穫を行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高校生の感想

「実際に小学生に自分から教えることで、自分の考えを整理できて良かった。」

「リハーサルでやってみた時よりも実際に小学生の前でやった時の方がとてもやりやすかった。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すごい!ブルガリア女子レスリングナショナルチーム!

5月25日、ブルガリア共和国から女子レスリングナショナルチーム(選手8名、コーチ2名)が来校しました。これはブルガリアが岡山市を強化キャンプ地として選び、環太平洋大学、関西高校、そして本校を練習会場として依頼があったからです。

選手団は11時に本校到着後、体育館に入っていただき全校生徒での歓迎会を行いました。

選手紹介、校長・生徒会からの歓迎の言葉(英語でスピーチ)に続き、記念品(授業で作っているトマトゼリー)を贈呈しました。最後に選手団を代表してコーチから力強いスピーチがありました。

歓迎会の後は練習場に移動し、レスリング部員との合同練習を行いました。選手団には前オリンピック代表も含まれていて、高いテクニックも目の当たりにし、大いに刺激も受けました。東京五輪での活躍を祈っています。

モルモットの赤ちゃん誕生(畜産科学科)

先日、実験動物の飼育室で飼育しているモルモットが分娩しました。モルモットの妊娠期間は約70日。げっ歯類(ネズミの仲間)では特別長い動物です。授業で行った交配から70日。いよいよ出産予定日を迎え、担当していた3年生はドキドキして見守りました。産まれた子供は全部で3匹。それぞれ模様は異なり、誕生直後から元気に走りまわっていました。授業では行動観察や栄養実験に使う予定です。成長が楽しみです。

紅茶研究家に「テイスティング」依頼

6月12日、3年ハーブ班がハッカ風味の紅茶「すっきりするっ茶No.1&2」のテイスティング依頼用のブレンド作業を実施。

夕方、ブレンドしたお茶2種類を新見市大佐のアーリーモーニング紅茶農園園主の宮本英治氏に発送しました。

テイスティングとは、今回のブレンドを製品化して良いかの評価活動のことです。

室内園芸装飾検定の練習が始まる

6月12日、2年草花専攻生が受検する室内園芸装飾3級の練習がスタートしました。

 

検定当日まで約1ヵ月、実習中、放課後と練習は続きます。実技だけでなく筆記試験もあるので大変ですが、資格取得に向けて一生懸命取り組んでいます。

容器栽培で「ガーデニング」実践

6月12日、2年草花専攻生が温室・ハウス周辺に配置しているプランター等を使いガーデニングを行いました。

温室・ハウス周辺の景観が美しくなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

容器栽培とは、コンテナ栽培とも言われ、植木鉢やプランターで栽培することです。

 

芝人形「中3オープンスクール」準備が始まる

3年園芸セラピー専門分会で準備活動開始。

8月2日実施、中3オープンスクールに参加される中学生の皆さんに楽しい時間を過ごしていただくための、芝人形講座の資材準備が始まりました。(6月11日~)

 

園芸福祉シンポジウムで『和太鼓』

郷土芸能部は、6月9日(土)ピュアリティまきび(岡山市北区下石井)で開催された『第17回園芸福祉シンポジウムinおかやま』で演奏しました。

当日は、オープニングで演奏し、県内外からの参加者に太鼓を堪能していただきました。演奏後、ロビーでも参加者から拍手をいっぱいもらいました。