農業クラブ「校内プロジェクト発表会」を開催!

【校長室便りR2-25】12月18日(金)、本年度の農業クラブの最後の校内行事、「プロジェクト発表会」が開催されました。

5つの学科から7チームが出場し、コロナ禍の中での新しい方法として、発表者と審査員のみ体育館、全校生徒はそれぞれのクラスからオンライン方式で参加しました。

どの発表も各学科の代表としてふさわしい継続的な研究内容と発表態度で、よく練習されていました。この発表会での成績優秀チームに、来年度の県大会への出場資格が与えられることになっています。

閉会後には、今年はコロナの影響で皆で歌うことができなかった農業クラブの歌「FFJの歌」「美しい未来へ」を全クラスの皆で聴きました。来年度は、本校と井原高校が岡山県農業クラブ連盟の事務局校を担当することになっています。来年こそは、コロナに負けず、岡山らしい農業クラブ活動を工夫して行いたいものです!

農業クラブの校内行事が開催されました!

【校長室便りR2-17】農業高校生の学びを深める「農業クラブ活動」。この一ヶ月に各種校内行事が行われました。

7月20日(月)「校内意見発表会」。今年はWeb会議システムを活用してリモートで開催し、各クラスの代表者15名が農業に関する意見や体験から気づいたこと、将来の目標などについて発表してくれました。

7月28日(火)「校内農業鑑定競技大会」。1年生から3年生までの全員が各学科ごとのコースに分かれ、専門知識に関する問題30問に挑戦しました。各問いの制限時間は20秒。時間との勝負です!

7月30日(木)「農業技術検定(上級)」。3年生全員が各学科ごとに挑戦しました。農業高校で学んで「何ができるようになったか?」正に、3年間で学んで身につけてきた技術を確認する検定です。

今年は新型コロナウイルス感染症の影響で、県大会も全国大会も中止となり、校内で行われる活動が全て。例年のような大きな目標はなくなりましたが、それでも生徒たちは皆、真剣に取り組んでくれていました。

特に3年生には、「農業クラブ活動」を通して身につけた力に「自信」と「誇り」を持ってもらいたいと思います。

【プロジェクト県大会】分野Ⅰ類で最優秀賞

6月14日(金)真庭高校久世校地で行われた岡山県学校農業クラブ連盟プロジェクト発表会に本校より3分野3チームが出場。日ごろの研究活動、学習成果をスライドなどで披露。
■分野Ⅰ類「生産・流通・経営」
畜産科学科・小家畜専門分会

この大会は、中国大会への切符を争う大会でもありました。次の写真にある発表が最優秀賞を受賞し、8月庄原市での中国大会に出場します。

■分野Ⅱ類「開発・保全・創造」
食品科学科
発表題目:菓匠~技と科学の共演Ⅱ~

■分野Ⅲ類「ヒューマンサービス」
園芸科学科・園芸セラピー専門分会

発表題目:芝人形プロジェクト~先輩から後輩へ~

県フラワーアレンジメント競技会で「優秀賞」

岡山県学校農業クラブ連盟フラワーアレンジメント競技会で、園芸科学科3年阿南さんが「優秀賞」を受賞しました。
■期日 : 6月7日(金)
■会場 : 井原高校南校地
今後、フラワー装飾技能検定に向け、草花専攻生は練習していきます。

最優秀賞、優秀賞が決まる。

1213日に行われた校内プロジェクト発表会の審査結果が出ました。次のグループは、次年度の学校農業クラブ連盟プロジェクト発表会に学校代表として出場予定です。

1.最優秀賞

第1位  食品科学科   県大会Ⅱ類 開発・保全・創造

「エフカ・ド・カフェ ~ステージ~」

2.優秀賞

第2位  畜産科学科   県大会Ⅰ類 生産・流通・経営

「和薄荷を活用した養鶏システムの構築と高付加価値卵生産への挑戦」

第3位  園芸科学科   県大会Ⅲ類 ヒューマンサービス

「芝人形プロジェクト ~先輩から後輩へ~」

平成30年度 校内プロジェクト発表会

農業高校の根幹をなすプロジェクト活動。

各専門分会の2・3年生の代表者が、12月13日体育館で発表しました。来年度の学校農業クラブ県大会予選を兼ねて行われたもので、発表題目は次のとおりでした。

発表順位1 題 目「“楽農”プロジェクト ~目指せ!楽で楽しい稲作を!~」

発表順位2 題 目「クリーンエネルギーのポテンシャル調査~高松農業高校 風況観測結果の報告第一報~」

発表順位3 題 目「廃棄卵殻によるリン酸除去効果と肥料循環に関する研究」

発表順位4 題 目「和薄荷を活用した養鶏システムの構築と高付加価値卵生産への挑戦」

発表順位5 題 目「エフカ・ド・カフェ ~ステージⅢ~」

発表順位6 題 目「芝人形プロジェクト ~先輩から後輩へ~」

発表順位7 題 目「農業は儲かるのか?」

【農業クラブ活動】家畜審査競技県大会(肉用牛の部)

農業クラブの競技である、家畜審査競技県大会(肉用牛の部)が、岡山県農林水産総合センター畜産研究所を会場に開催されました。この競技は成牛や子牛の肉用牛としての資質を牛の外貌から判断する競技です。県内の農業関係高校の代表者36名が参加し、本校からも畜産科学科の生徒6名が出場しました。結果は、団体の部で優秀賞、個人の部で中杉君が優秀賞を獲得しました。

【農業クラブ活動】プロジェクト発表県大会

農業クラブの発表会の一つである、プロジェクト発表県大会が6月22日(金)、勝間田高校を会場に開催されました。この発表会では、生徒が日頃研究や調査を行っている内容を、10分間のプレゼンテーションにまとめて発表を行います。本校からは昨年12月に行われた校内プロジェクト発表会で、代表者となった3チームが出場しました。結果、すべてのチームが最優秀賞を獲得し、8月に山口県で行われる中国ブロック大会に出場が決まりました。発表者と題目は以下のとおり。

分野Ⅰ類 畜産科学科3年杉山さん他9名
発表題目「挑戦!!未利用地を活用した高付加価値卵生産」

分野Ⅱ類 農業科学科3年石井くん他2名
発表題目「ミニトマトの新しいカ★タ★チ」

分野Ⅲ類 食品科学科3年井上さん他4名
発表題目「エフカ・ド・カフェ シーズンⅤ」

【農業クラブ活動】フラワーアレンジメント競技県大会

今年度の最初の農業クラブ競技となる、フラワーアレンジメント競技県大会が6月1日(金)、興陽高校で開催されました。県内の農業関係高校8校から代表者15名が参加し、フラワーアレンジメントに関する知識や技能を競いました。本校からも園芸科学科3年原田さん、石田さんの2名が参加し、石田さんが入賞(優秀賞)しました。