山陽学園短期大学との高大連携学習Part2!!

3月29日に高大連携学習として、昨年12月20日に引き続き食品科学科2年生が、本校で山陽学園短期大学 食物栄養学科の青木 三恵子先生の実習を受けました。

高大連携学習とは、高校生が大学の先生方の講義や実習を受けて専門的な学習をさらに深めていく取り組みです。

 

 

 

 

 

 

 

栄養士の仕事」というテーマで、栄養バランスや、食物繊維の摂取、減塩を考えた「パエリア」を製造しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

最初に「食育キューブ」という栄養素を示した箱を利用してお話しをされました。黄色はエネルギーを産生する食べ物、赤色は身体を構成する食べ物、緑色は身体の調子を整える食べ物を示しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次に「パエリア」を製造します。アルミホイルを敷いた天板にオリーブオイルを引きます。無洗米と米粒麦を広げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鶏もも肉、トマト、あさり、いか、えび、水を入れます。胡椒とケチャップで味付けします。食塩は加えません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

250℃のオーブンで20分炊きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パプリカと水を加えて、さらに10分炊きます。また、ピーマンとチーズを加えて、さらに10分炊きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

完成しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

完成した「パエリア」は、みんなで分け合いながら食べました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に、まとめとして「若い皆さんの一生の健康を願って」というテーマでお話しをされました。

高大連携学習は、生徒が高度な専門教育を大学の先生方から直接学ぶことができます。高校では学べない、貴重な機会となっています。

 

 

インドネシア 西ジャワ州訪問団 来校

3月5日、インドネシア西ジャワ州から30名の教育訪問団が本校を訪問されました。西ジャワ州教育委員会と西ジャワ州の高等学校の校長先生の方が14:30に本校到着。生徒会館に移動後、安井校長のインドネシア語による本校教育について説明、ジャワ教育委員会教育長からの訪問あいさつがありました。その後場所を移動し、園芸科学科の草花実習の見学を行いました。さらに農業科学科の有機栽培野菜の販売実習も見学しました。見学後は、園芸セラピー専攻生が取り組んでいるハーブティー「すっきりするっ茶」、起業専攻生の「トマトゼリー」を召し上がっていただきました。限られた時間でしたが、とても有意義な交流ができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

醤油づくりの講演会!!

3月5日に食品科学科1年生が、キミセ醤油株式会社の高橋 憲公様の講演を受けました。

 

 

 

 

 

 

 

 

「醤油づくりについて」というテーマで、醤油に関するお話しをしていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「醤油の製造工程」や「醤油づくりを生かした新商品の開発」などをわかりやすく講話して下さいました。
講演会は、生徒がプロの先生から、直接、食品製造の技術を学ぶ貴重な機会となっています。

 

F科の課題研究発表会!!

食品科学科(F科)の3年生は、食品の開発、栄養分析、衛生検査等をテーマに一人一課題で「課題研究」の授業に取り組んでいます。

その集大成として、2月1日と2月2日に「平成29年度 食品科学科 課題研究発表会」を開催しました。3年生は1年間をかけて研究に取り組み、この発表会に向けて研究報告書の作成や、プレゼンテーションの準備をしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

2月1日は、3年生の発表を食品科学科1年生が熱心に視聴しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、トマトジャムの製造についての発表です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、ジェノワーズ生地の配合についての発表です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、饅頭の新製品開発についての発表です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、テンペチーズの製造についての発表です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2月2日は、食品科学科2年生が来年度の自分の研究テーマを考えながら、視聴しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、ソーダブレッドの製造についての発表です。

課題研究発表会は、3年生にとって3年間の専門学習の集大成です。聴衆として参加した1・2年生にとってもよい刺激になりました。

 

 

 

お酒造りの現場実習!!

1月26日に食品科学科1年生と2年生が、浅口市鴨方町にある平喜酒造株式会社で実習をしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

日本酒の製造を体験しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

洗浄した酒米は「水切り」をします。一袋の重さは10㎏あります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手作り大吟醸酒の仕込みです。原料の酒米を蒸しています。これを「蒸米」といいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

蒸米した酒米を、巻き簀の上で放冷します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

蒸して、放冷した酒米を麹室へ移します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

麹室で蒸した酒米を広げ、麹が繁殖しやすい温度へ調整します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いよいよ種麹を振りかけます。職人の技術を目の当たりにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは麹の「切り返し」の作業です。種麹を付けた酒米を手でほぐし、布をかけて、寝かします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

約3mのタンクの上から櫂(かい)を入れます。これを「櫂入れ」といいます。空気を入れて、酵母の発酵を促します。

現場実習は、地域産業を学び、食品製造に関して知識を深める貴重な機会となりました。平喜酒造株式会社の皆様、貴重な機会を設けて下さり、ありがとうございました。

お酒造りの講演会!!

12月25日に食品科学科1年生が、平喜酒造株式会社の原 潔巳様の講演を受けました。

 

 

 

 

 

 

 

 

「酒造りについて~いろいろ話!~」というテーマで、日本酒に関するお話しをしていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「日本酒造りに必要な条件」、「清酒の製造工程」、「日本酒の歴史」などをわかりやすく講話して下さいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

講演会は、生徒がプロの先生から、直接、食品製造の技術を学ぶ貴重な機会となっています。

山陽学園短期大学との高大連携学習!!

12月20日に高大連携学習として食品科学科2年生が、本校で山陽学園短期大学 食物栄養学科の青木 三恵子先生の講演を受けました。

高大連携学習とは、高校生が大学の先生方の講義や実習を受けて専門的な学習をさらに深めていく取り組みです。

 

 

 

 

 

 

 

 

「人生を充実して幸せに生きるために」というテーマで、公衆衛生に関するお話しをしていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「平均寿命と健康寿命」、「シカゴの熱波」、「少子高齢化」等をキーワードにわかりやすく講話して下さいました。

高大連携学習は、生徒が高度な専門教育を大学の先生方から直接学ぶことができます。高校では学べない、貴重な機会となっています。

 

第三回目米粉パンの講習会!!

食品科学科では、専門学習の一環で、社会人講師の先生による講習会を数多く設けています。
本年度、第三回目の米粉パンの講習会を、12月8日に3年生を対象に開催しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、クリスマスに食べられる菓子パン「シュトーレン」を米粉で製造しました。生地を分割し、ドライフルーツやアーモンドを準備します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生地にドライフルーツやアーモンドを混ぜ込みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

講師の先生に実演をしていただきました。先生のお手本を参考に、生地を成型していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

上火200℃下火210℃のオーブンで30分焼きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

同時にバターをオーブンで溶かします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

焼き上がりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

焼き上がったら、「米粉シュトーレン」を溶かしバターに1分漬けます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

取り出して1分後にグラニュー糖を全体にまぶします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「米粉シュトーレン」が完成しました。
講習会は、生徒がプロの先生から、直接、食品製造の技術を学ぶ貴重な機会となっています。

第3回目のエフカ・ド・カフェ!!

「エフカ・ド・カフェ」は、食品科学科の生徒が有志で活動しています。
第3回目の「エフカ・ド・カフェ」を11月22日に開店しました。今回も地域への開放も行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

この日は、雨天で寒さが厳しかったですが、地域の皆様も含めて204名が来店されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天候が悪かったため、お店の二階に待合所を設けて、順番に案内を行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

待合所には、メニューも置かせていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

岡山市から営業許可をいただいており、許可証の拡大印刷パネルも展示しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

店内は、多くのお客様で満席になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ケーキとドリンクのセットで250円です。今回もケーキとドリンクの組み合わせが豊富です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ケーキの「ストロベリー・ジェノワーズ」とホットコーヒーのセットです。

ご来店くださり、誠にありがとうございました。

次回の開店は、12月17日(日)の10時~13時です。

ご来店をお待ちしております。

イチゴ大福製造の講習会!!

食品科学科では、専門学習の一環で、社会人講師の先生による講習会を数多く設けています。

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、12月1日に実施した和菓子製造の講習会を紹介します。食品科学科の2年生全員が参加しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

餅粉、グラニュー糖、水を泡立て器で混ぜます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生地を濡らしたさらし布に入れて、蒸し器で30分強火で蒸します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イチゴのへたを切ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

粒あんを準備します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イチゴをあんで包みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

蒸し上がった生地をボウルに入れて、しっかり混ぜます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生地をちぎって丸めます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

講師の先生に実演をしていただきました。先生のお手本を参考に、蒸した生地であんを包みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2年生も先生のご指導の下、あんを生地で包みます。完成したイチゴ大福は持ち帰りました。

講習会は、生徒がプロの先生から、直接、食品製造の技術を学ぶ貴重な機会となっています。