共進会96号牛編

第4部(16ヶ月以上19ヶ月未満)の部に出品した。96号牛(タカノウ アルタアメイジング ダーハム ワカバ)ですが、第4部で、岡山県の有名牧場出品の牛たちの中で、なんと第1回目のビックアップで1番最初に引き出されました。リンクの外から、どよめきがあったように感じました。審査を見学していた生徒たちもビックリしたと思います。もちろんこちらも、「審査終了!!等位が決定しました。」の声までドキドキしっぱなしでした。リードマンは今回のうちのエース!!一原さん頑張ってました。前日に担当の牛を窮余変更して望んだので、リーディングは大変だったはずです。静姿勢後の2回目の引き出しでも首位でしたが、審査員長も頭をかなり傾げて悩んでの首位かな。確かに審査委員長も審査講評の時に「ご批判はあるかもしれませんが、この時点において、輪郭鮮明で、骨格の構造において・・・」と付け加えて、また、「機能的な牛」という表現もあり、審査員長の好きなタイプの牛である審査講評をされておられました。ですが、第4部で見事、岡山県第首位になり、4月13日~15日に静岡県御殿場で行われる「セントラルジャパンホルスタインショウ」への出品が決定しました。喜びを感じるとともに、これからの牛舎管理に力が入る思いがしました。生徒たちの自信ややる気につながればと思い生徒共々頑張ります。

第1回おかやまブラック&ホワイトショウ出品して(共進会全体編)

平成29年3月18日(土)に全農岡山県本部総合家畜市場(真庭市)で行われた第1回おかやまブラック&ホワイトショウに高松農業高校の愛牛3頭をつれ、乳牛研究部の生徒19名と泊まりがけで参加してきました。いつもお世話になっている西大寺地区の酪農家さん達と前日より牛を搬入し、牛を手入れと牛体を汚さないために1晩交代での除糞、健康管理に毛刈りと1番は、牛中心での精神です。また、生徒の中から6名が参加してのジュニアショウ(リーディングコンテスト)に参加してきました。      開会式では、いつもの岡山県下の酪農関係者の方々への感謝を込めての挨拶からのスタートです。
食事は、おかやま酪農業協同組合西大寺事業所の方が準備をして下さいます。
牛と手入れと毛刈り、除糞が出品寸前まで続きます。
ジュニアショウ(リーディングコンテスト)では、優秀賞に畜産科学科の守屋さんが入賞しました。
本校の3頭の牛については、各牛たちとリードマンたちの編でブログします。

 

H28年度 家畜審査競技勉強会(社会人講師活用事業)

平成29年3月6日(月)に家畜審査競技の勉強会を家畜改良事業団 岡山種雄牛センターの齋藤先生を講師に大家畜専攻生全員で参加をしました。『機能的な乳牛の見方について』1時間の講義と1時間の実技講習、実際に乳牛の審査を行い勉強会を実施しました。自分たちで、乳牛を審査し、みんなの前で審査結果を説明する体験は、生徒にとって、緊張のピークと言葉を選んでの説明は、良い経験になったことと思います。来年度の農業クラブの家畜審査につなげれたらと思います。頑張れ、大家畜専攻生!!

大家畜(乳牛研究会)ミーティング(今後の活動について)

これからの大家畜(乳牛研究部)のあり方と3/18〔土〕の第1回おかやまB&Wショウに向けて、専攻生全員で、緊急ミーティングを実施しました。大家畜の経営状況の改善について、牛舎の改善について、先生方に一言、専攻生に対して一言の4項目について、1年生チーム、2年生チームに分かれて、話し合いをしてもらいました。「体細胞数の減少させるには・・・。」「アイスの新商品の開発を・・・。」専攻生には、「もっとコミュニケーションを・・・。」それぞれの項目について建設的な意見が出され、これからの大家畜(乳牛研究部)のチームワークにつながり間近の共進会に向け、みんなで取り組むことを確認することが出来ました。

 

第1回おかやまブラック&ホワイトショウに向けて削蹄中です。

平成29年3月18日に行われる乳牛共進会に向けて削蹄(つめ切り)をおこないました。4頭の出品をする予定なので、綺麗に蹄を切ってやります。保定枠に入れて、ロープで足をしっかり縛って、蹄の底面もそろえます。牛は、爪で立っているので、削蹄(つめ切り)は、牛を綺麗に見せるための土台になるので、これでいいかなぁ。
リーディングしましたが、美しく見えますか?歩けていますか?どうでしょう!!

3人の匠(南門を綺麗にするぞプロジェクト)

南門のマサキが、枯れ、生け垣が歯抜けのようになってしまっていたので、この時期しかないと3人の匠が立ち上がりました。『バックフォーのO氏』『フォイルローダーのS氏』『掘りの達人F氏』カイヅカイブキを植え替え移植です。2時間ほどの早業です。さすが、匠の技です。

 

第1回おかやまブラック&ホワイトショウに向けて

またこの時期がやってきました。

毎年のことですが、全農 岡山県本部 総合家畜市場で3月18日行われる共進会に向けて、牛の調教が、はじまりました。まだまだの状況ですが、これからみんなで仕上げていきたいと思います。でぶっちょな牛もいますが、これから有酸素運動でスタイルアップして、大会に臨みます。リードマンの席も争奪戦です。牛も生徒たちも頑張れ!!

第17回高松農業高校定期演奏会のお知らせ

今年度も本校体育館で、郷土芸能部と合同で開催いたします。
この演奏会で地域の皆様との触れ合いを深めていきたいと考えております。
笑顔あふれる温かみのあるコンサートにしたいと思います!!

第17回高松農業高等学校定期演奏会 くすの木コンサート
2016 12/18(日) 開場13:00 開演13:30
場所:高松農業高等学校 体育館
備中高松駅より徒歩約3分 入場料無料
スリッパ、ひざかけなどをご持参ください。

第1部 恋す蝶
第2部 祭、最上太鼓、絆
第3部 お楽しみに♪
kusunoki28

県高校駅伝  男女とも出場!!女子は12年ぶりに出場!!男子は5年連続出場!!

img_08173平成28年11月6日(日)に井原市の井原運動公園陸上競技場で岡山県高等学校駅伝競走大会が行われました!!本校からは、男子、女子ともに出場することができました。

男子は、現チームとしての思いがこもった襷をつなげる。ということだけでなく、5年連続出場ということで、過去の先輩達のおもいのこもった襷をつなげるという、非常に思い入れのある走りをそれぞれの選手がしてくれました。結果は、平成14年からの調査の中で、最高順位に迫る結果となりました。また、7区(5km)を走った3年畜産科学科森本君は、過去15年間の中で区間チーム過去最高タイムで走ることができました。

20161116142710_00001

男子の結果をよく見たい方はこちらをクリック

男子 区間チーム過去最高記録(平成14年~) 

7区(5km)3年畜産科学科 森本 大晴君 

おめでとうございます!!

女子は12年ぶりの出場を果たしました。中長距離選手はメンバー5人の中で1人しかいない状況でしたが、想像以上の走りをしてくれました。順位もタイムも、過去チーム最高でした(平成14年~)。レース後のミーティングの中で、専門外の選手が、力走したにもかかわらず「悔しい。もっと頑張れたはず。」と涙しながら話をしてくれました。普通は専門外だからと言って、言い分したり、仕方ないこんなものだろう、などと思ったりしがちですが、そんなことは一つも感じられませんでした。その言葉を聞いて、来年に向けて新たに決意を固め、奮い立とうとする選手も多くいたように思います。

20161116142832_00001

女子の結果をよく見たい方はこちらをクリック

女子 区間チーム過去最高記録(平成14年~) 

1区(6km)2年食品科学科 上井 彩加さん                 3区(3km)1年畜産科学科 中田 朋花さん

おめでとうございます!!

この大会で、あらためてチームの絆の強さと、真剣に勝負をする選手の一生懸命さを感じることができました。次は、陸上競技部顧問主催のKND杯が11月26日(土)に行われます。団結力、基礎能力アップを目的とした校内競技大会です。それにむけてまた、気持ち新たに頑張っていきたいと思いますので、応援よろしくお願いします。

陸上競技部 中国新人大会 入賞!!

blogtyuugokusinjin

平成28年10月15日(土)~16日(日)に島根県で第25回中国高等学校新人陸上競技選手権大会が開催されました。

本校陸上競技部からは県大会で女子三段跳第2位となった、食品科学科2年上井彩加さんが出場しました。

結果は・・・第5位入賞です!!おめでとうございます!!

試合には、はるばる岡山から応援に駆けつけてきてくれたチームメイトも多くいました。あらためて、チーム高農としての強い絆を感じる日でした。最高の仲間!!

どんなに強い選手であっても自分勝手ばかりして周囲から応援されない選手はいます。今回来てくれた人をはじめ、多くの人からこんなにも応援してもらえているのは、彼女自身の陸上競技への取り組む姿勢からきているものです。

また、強くなっても感謝の心を忘れず、謙虚に精一杯頑張ってほしいと思います。トラック&フィールドの試合も残りわずかですが、陸上部はさらに精進し頑張っていきたいと思います。

そして、11月には県高校駅伝があります。短距離や跳躍を専門とする人たちの助けもかりて、男女とも出場します。みんなの思いのこもった襷をつなげるために頑張頑張ります!!