農業科学科(作物専攻)稲作編 にこまる稲刈り

今日は2年生が「にこまる」の稲刈りをしました。2回目の稲刈り実習でしたが、みんなとても上手です。

今年は、「トビイロウンカ」の被害が凄まじく、学校の田んぼでもあちこちに『坪枯れ』の被害が多発しました。

稲刈りの難易度が上がった実習でしたが事故やケガもなく安全に実習することができました。

農業科学科(作物専攻)稲作編 1年生によるヒメノモチの手刈り

農業科学科では、毎年1年生全体で「ヒメノモチ」を手刈りします。

このもち米は農業科学科の3年生が収穫感謝祭で食べるもちになります。

鎌の使用方法と結束の仕方を教わり現地に向かいます。

各自、持ち場につくと目の前の稲を刈り、結束をしていきました。

結束した稲は乾燥場所まで運び、自然乾燥させました。

農業科学科(作物専攻)稲作編 きぬむすめ籾摺り

先週、稲刈りしたした「きぬむすめ」は乾燥の工程を経て籾摺り(もみすり:もみ殻を取り除くこと)できる状態になりました。

稲刈りの様子はこちら←

2年生の総合実習で籾摺りをしていきます!

①籾摺り→②選別→③計量の工程を経て玄米を詰めていき、自分の持ち場を持って機械を止めないよう実習していきます。

農業科学科(作物専攻)稲作編 モチ米の刈取準備

いよいよ今週から稲刈りがスタートします!

1年生の総合実習でモチ米の手刈り実習を行うため穀物乾燥場所を設営していきます。

モチ米は機械を使わず乾燥させるため、ブロックとポールを使い組み立てていきます。

刈取り準備が終わった後は稲刈り後に使用する機械の安全講習を行いました。

収穫から販売まで消費者のもとに届くまでの流れを再確認しながら機械の仕組みを勉強していきます。