果樹専攻 柿の収穫

11月に入り、果樹園の柿もいよいよ色づいてきました。今日は甘柿を収穫しました。本校では富有柿という甘柿を栽培しています。秋のふれあい市でも販売する予定です。

果樹専攻 キウイの収穫

11月7日(火)総合実習
今日は、本校果樹園に3本あるキウイフルーツの収穫を行いました。細長い円柱型になる香緑という品種を栽培しています。今年は、摘果が不十分で全体的に小ぶりなものが多かったです。秋のふれあい市でも販売予定です。

どら焼きの製造実習!!

今回は、どら焼きの製造について紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

食品科学科の2年生が取り組みました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボウルに卵、砂糖、蜂蜜などを入れ、泡立てないように混ぜます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

重曹と薄力粉を入れて、再び混ぜます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

混ぜ終わったら、生地を30分常温で休ませます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前日より、蜜に漬けて準備していた小豆からつぶあんを作ります。まず、蜜を加熱します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

蜜が沸騰したら、再び小豆を入れて、潰さないように混ぜます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水分が飛んだら、火を止めて、水飴を加え、つぶあんが完成です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サラダ油を引いたフライパンで生地を焼きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

焼き色が付いたら、どら焼きの生地が完成です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

焼いた生地2枚で、つぶあんを挟みます。
完成したどら焼きは、食品科学科の2年生が持ち帰りました。

白桃ジャムの製造実習!!

7月31日と8月4日に白桃ジャムを製造しましたので、紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

食品科学科の1年生が、夏期休業中の実習として取り組みました。
半分に割った白桃から、核を取り除きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

果肉を変色させないために、アスコルビン酸(ビタミンC)を溶かした冷水へ入れます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レトルト殺菌機で90℃10分間の加熱処理をします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皮をむいた白桃を、蒸気がまで加熱濃縮します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ペクチンを添加します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クエン酸を添加します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

白桃ジャムを瓶に詰めて、計量します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

再びレトルト殺菌機で90℃25分間の殺菌をします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

殺菌が終了したら、テーブルに並べて放冷します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラベルを貼って、商品が完成しました。
11月11日(土)の「秋のふれあい市」で販売します。

果樹専攻 干し柿づくり

果樹園では今年も多くの渋柿が収穫できました。本校では、西条柿は干し柿に、愛宕柿は渋抜きをしています。今日は、実習で干し柿をつくりました。何度目かの作業で皆手際よくできました。出来上がりが楽しみです。

果樹専攻 ブドウジャムつくりました

10月17日(火)総合実習
今年は、着色の悪いピオーネがたくさん残ってしまいました。そこでジャムにすることにしました。完成したジャムは、家に持ち帰って試食しました。

食品科学科の野菜作りPart3!!

食品科学科では、一年生の「農業と環境」の授業で作物の栽培について学習します。その目的は、食品製造の原材料となる、農産物の生産過程を知るためです。

2学期の「農業と環境」の実習を紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

8月31日 園芸科学科の順化温室で、ハクサイが発芽し、すくすく育っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブロッコリーも生育しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9月20日 「農業と環境」の授業で、ダイコンの播種をしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

畑へダイコンの種を播くため、等間隔に「くぼみ」を作ります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「くぼみ」に5粒ずつ種を播きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9月21日 ブロッコリーは、草丈が約12㎝まで育っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハクサイは、一番大きい葉で約12㎝も生育しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9月25日 ダイコンが発芽しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9月26日 ハクサイやブロッコリーの苗を畑へ移植しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9月29日 ブロッコリーが育っています。

今後も、食品科学科の野菜作りをお楽しみに。

あんパンの製造実習!!

今回は、あんパンの製造について紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

食品科学科の2年生が取り組みました。
ボウルに砂糖や強力粉などを入れ、よく混ぜて生地を作ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生地をテーブルに出して、しっかりとこねます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こねた生地は30~40分間発酵させます。その間に、あんを丸めます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

発酵した生地を優しくつぶして、炭酸ガスを抜きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

炭酸ガスを抜いて生地は、丸くまとめます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

丸めた生地を分割します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あんを生地で包みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生地の表面へ、溶いた卵を丁寧に塗ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

180℃のオーブンで15分間焼き上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

焼き上がりました。
完成したあんパンは袋に詰めて、食品科学科の2年生が持ち帰りました。

乗馬の体験(畜産科学科)

夏休み期間中、畜産科学科の実験動物専攻生名は、岡山市東区にある乗馬施設、両備乗馬クラブ・クレイン岡山で、厩舎(きゅうしゃ)の管理や、乗馬体験をおこないました。午前中は「乗馬産業」についての講義と、馬房の掃除がありました。午後からは楽しみにしていた乗馬体験。馬にまたがると、一気に目線が高くなり、緊張感が高まりました。しかし馬のほうが上手にリードしてくれ、楽しい乗馬になりました。馬から降りると、背中は汗びっしょり。普段使わない筋肉もがんばり心地よい疲労感もあり、馬の魅力にどっぷり浸かった一日でした。指導していただいた乗馬クラブのみなさま、ありがとうございました。

校外研修に行ってきました(畜産科学科・実験動物)

 

7月22日(土)に畜産科学科2年生8名は倉敷市にある川崎医科大学の中央研究センター医用生物研究ユニットで研修を行いました。日頃学校で実験動物について学んでいますが、医学部の最先端の技術や施設での学習は、とても刺激的で知的好奇心をくすぐられました。その研修の中でも、マウスを使った繁殖実験や、さまざまな実験動物の飼育・利用は学校では学べないものでした。今回の研修を今後の学習に生かしていこうと強く思いました。